2月21日 名古屋入管への申し入れ(電話問題)

2022年2月21日、名古屋入管に対し申し入れを行いました。①2022年1月27日の申し入れに対する回答、②収容施設内の電話に関する問題に対して回答、改善することを申し入れています。詳しくは申入書をご覧ください。
追記
申入書の2点目に挙げた、入管局外で購入したテレフォンカードが使用できなくなった件については、3月前半に以前と同じように使用できるようになりました。
しかし、入管局内で購入するテレフォンカードの値段が局外で購入するテレフォンカードの2倍であったり、局内のテレフォンカードを使用すると電話相手を呼び出している時から料金のカウントが始まるなど、問題が残っています。
外部との連絡手段が制限されている入管の収容施設内で、電話の連絡も容易にできないことは被収容者にとって苦痛です。収容施設内で使用する電話、電話会社を決めているのは入管です。入管庁、各入管局には被収容者の健康や生活を守る管理責任義務を果たさなければならないにも関わらず、電話問題など現場では被収容者の立場に立った処遇が全く行われていません。